デリケートゾーンの黒ずみを防ぐ方法

home / デリケートゾーンの黒ずみを防ぐ方法

黒ずんでしまう前に

一度黒ずんでしまったデリケートゾーンを元に戻すためには、長い時間丁寧なケアが必要になります。
デリケートゾーンの黒ずみを事前に防ぐことができれば、日頃の手軽なケアだけで済ませることができます。
黒ずみを防ぐ方法は数多くあり、一度生活に取り入れてしまえば習慣にできることばかりなので、毎日継続していきましょう。

日常に取り入れたい予防法

睡眠時間を増やすことはデリケートゾーンの黒ずみだけでなく、全身の肌はもちろん、血行促進疲労回復など多方面に効果があります。
基本的なケアとして、日々の睡眠時間を一時間でも多く確保します。

平日に睡眠時間をとることが難しいようであれば、休日など時間のあるときに長時間眠るのも効果的です。
普段の食事では、メラニンの色素沈着を防ぎ、黒ずみの予防に効果のあるビタミンCの摂取を心がけます。
野菜や果物はビタミンCの含有量が多く、特に野菜では鮮やかな緑の葉物が豊富に含んでいます。
ブロッコリーやキャベツなどは手に入りやすく、調理方法も多岐にわたります。

衣類からの刺激を抑える

デリケートゾーンは一日中、下着などの布地と接触しています。
下着の形状によっては強い締めつけを受けるものがあり、着用し続けていると締めつけを受けた箇所が黒ずみます。
Vラインの黒ずみが目立つようであれば、下着をボクサータイプのものに変更するなどして負担を減らします。
形状だけでなく、素材も綿や絹といった肌触りが柔らかく通気性の良いものを着用することで、デリケートゾーンへの刺激を軽くすることができます。

脱毛のしかたを変える

セルフ脱毛を行う際、手軽な毛抜きやカミソリを使いがちですが、どちらも肌に大きな負担を与えます。
毛抜きは毛根ごと引き抜いてしまい、皮下組織が傷ついて炎症を起こします。カミソリは一見きれいに除毛できているように見えますが、実際には肌を保護している角質を傷つけています。

どうしても脱毛したい場合、肌への負担が少ないフラッシュ照射による脱毛器を使用したり、美容外科で施術を受けたりしましょう。
デリケートゾーンはとくに敏感なので、脱毛後は化粧水やクリームを用いてしっかりと保湿ケアを行います。

↑ page top