すそわきがって何?原因は?

home / すそわきがって何?原因は?

すそわきがとは

脇の下からの汗によって独特な臭いを発することを「わきが」と言いますが、同じようにデリケートゾーンから独特な臭いが生じることを「すそわきが」と言います。
わきがとすそわきがは近い臭いだと言われていますが、デリケートゾーンは蒸れたり、臭いがこもったりしやすい場所のため、わきがとは少し臭いが異なります。
また、女性特有のおりものや生理による臭いも加わることがあるため、さらに独特な臭いになると言われています。

すそわきがの原因

人間の体には、アポクリン汗腺エクリン汗腺の2種類があります。
エクリン汗腺から生じる汗の多くは水分で、臭いをともないません。
アポクリン汗腺から生じる汗も本来は臭いがありませんが、アンモニアや尿素、脂肪など臭いのもととなる成分が含まれています。
このアポクリン汗腺から出る脂肪酸と混ざり合い、それが皮膚常在菌が分解させることで、独特な臭いが発せられます。

また、排泄器官のすぐ近くに位置していることも、独特な臭いを発する原因と考えられています。
アポクリン腺はもともと体のあちこちに存在しましたが、現在では多くが退化しました。
どれくらい残っているかは人によって少し異なりますが、へそ周辺や耳のなか、乳首周辺、デリケートゾーン、脇などに残っていると言われています。

体調によっても変わる臭い

デリケートゾーンの臭いは生理食事内容、体調などによって変化すると言われています。
体調がすぐれないときに、脂肪や動物性たんぱく質が多く含まれる食品を食べると、臭いは強くなります。
また、ニンニクなど臭いが強いものを食べると、口臭だけでなくデリケートゾーンの臭いにも変化が見られるとも言われています。

太って皮下脂肪が増えると、アポクリン汗腺や皮脂腺の働きが活性化するので、臭いが生じやすくなるとも言われてます。
臭いが強い場合は婦人科系の病気を発症している恐れがあるので、放置せずに婦人科で診察を受けることが望ましいでしょう。

↑ page top