おりものの臭いの原因と対策

home / おりものの臭いの原因と対策

おりものは女性にとって必要なもの

デリケートゾーンで気になるものの中に、おりものが挙げられます。
おりものは、女性にとっては特別気にならないほど日常的に発生するものですが、中にはトラブルを起こす原因となっていることも。
また、個人差はありますが、おりもののが非常に多く、下着が汚れてしまって困ってしまう人も少なくありません。
おりものは、そもそもどういったものなのでしょうか。おりものは、女性ホルモンの命令によって分泌されます。

特に月経の前後排卵日に多くなる傾向があります。
女性の場合、性器が大腸菌やブドウ球菌などの最近に侵されやすい位置にあり、これを守るためには乳酸菌が必要です。
おりものには、この乳酸菌がふくまれていて、女性器周辺を守る働きがあるのです。
でも、いくらおりものが菌から保護してくれるのだとしても、臭いが気になってしまうこともあります。

臭いが発生する理由とストレス

おりものの臭いは特に下着についたときに感じやすくなっています。
それは、おりものに含まれる乳酸菌による臭いです。
通常は少し酸っぱいような臭いをしていますが、これは健康上問題ありません。
それが強い臭いになってしまうのは、おりものの中の乳酸菌が減り、不要な雑菌が繁殖している証拠となるのです。
おりものが強く臭ってしまうときは、ホルモンバランスが崩れていたり、疲れがたまっているから。

ストレスなどで乳酸菌が減り、おりもの自体の分泌も減るために、雑菌が繁殖して臭いが発生してしまうのです。
おりものの臭いに変化を感じたら、体を休めることを心がけてみましょう。
睡眠、食事内容、ストレスの軽減に目を向けて、自分の体の状態を確認します。
やがて、体が正常な状態に戻れば、おりものの臭いも気にならなくなります。乳酸菌の働きが元通りになり、雑菌の繁殖が抑えられるようになるからです。

臭いに異変を感じたら

時には、性器周辺の感染症によって、おりものに異変が生じたり、臭いが生臭くなることも。
例えば、膣カンジダなどは、おりものが魚臭くなったり、カッテージチーズのようにボソボソとした固形に変化します。
こういった場合は、適切な治療が必要なので、一刻も早く病院へ行くことを推奨します。

↑ page top