デリケートゾーンのかゆみの原因と対策

home / デリケートゾーンのかゆみの原因と対策

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンは、下着とボトムスを重ねて履いているために、特に暑い季節には、湿気も溜まりやすく高温になります。
また女性の場合は、ストッキングやタイツなどで、知らない間にデリケートゾーンは締め付けられ、窮屈な状態になると同時に、摩擦による刺激で肌トラブルを起こしてしまうことも。
そしてこれらが、デリケートゾーンの痒みに繋がってしまうのです。汗をかくと、肌表面が湿った状態になります。
角質がふやけてはがれやすくなり、少しの刺激でもめくれてしまいます。

また、湿気の多い場所では雑菌も繁殖し、それらが毛穴に入りこむと、毛根で炎症を起こして痒みが出てくるのです。
さらに、月経時には非常に敏感な状態になってしまうのにもかかわらず、生理用ナプキンの摩擦で余計に肌へのダメージが加速します。
ナプキンの通気性が悪いとムレが生じて、そこからもかゆみへと繋がってしまうのです。

清潔にするのが先決

デリケートゾーンにかゆみを感じたら、まずは清潔にすること。
熱すぎたり、冷たすぎる水ではなく、体温程度のぬるま湯で洗いましょう。
下着のゴムが当たる部分や、摩擦が起きる部分は丁寧に洗い流します。
この時洗いすぎは肌に余計な刺激を与えてしまうので、かゆみが起きているときの肌は、刺激を与えないように洗浄することを心掛けましょう。

身に着けるものでも改善できる

また、身に着ける下着や、生理用ナプキンを取り換える頻度を多くするのも改善する方法です。
ムレ防止になり、雑菌の繁殖を抑えることができます。
さらに服装でも、かゆみを軽減させることができます。
ぴったりしすぎないボトムにし、着圧機能があるストッキングやタイツは避けましょう。
締め付けと摩擦が減り、痒みの原因をなくすことができます。

病気が疑われる場合

デリケートゾーンに起こる痒みが特にひどかったり、同時にを発したり痛みがある場合は、何らかの病気である可能性も否定できません。
軟膏薬で治療可能な場合が多いですが、そうでないものも。
特に、臭い、おりものの形状、痛み、出血などがある場合は婦人科を受診し、病気なのかを判断してもらいましょう。
適切な薬をもらい、素早く治療すれば治る病気が多いので、かゆみの強さなどには気を付けて過ごしましょう。

↑ page top