デリケートゾーンの「かぶれ」をなくすには

home / デリケートゾーンの「かぶれ」をなくすには

かぶれの原因とは

デリケートゾーンが、ただ単にかゆいわけではなく、幹部がひりひりしたり、かゆみが継続的に襲ってくる。
そんな時は、かぶれ症状が起こっているかもしれません。
デリケートゾーンのかぶれの原因は様々です。生理用のナプキンが肌に刺激となり、摩擦によってかぶれてしまうことがあります。
また、経血に雑菌も繁殖しやすいため、その菌によって皮膚がかぶれてしまうことも。

体の異常がかぶれを起こすことも

肌が弱い問人に限らず、急にかぶれてしまうということも起こります。それが、肌のバリア機能が低下した場合です。
肌が丈夫だからと思っていたのに、急に痒みが強くなったり、赤く腫れたようにかぶれるのは、体の疲れストレスが溜まっている証拠。
ストレスは免疫力を低下させてしまうため、普段なら平気な刺激にも体が耐えられず、過剰反応を示してしまい、かぶれが起こってしまうのです。

また、ストレス以外にも、食生活が乱れて、脂っぽいものや甘いものを大量に食べると、アレルギーの様にかぶれが出る場合も。
過剰な糖分や脂質は、体内の雑菌のエサになり、かぶれなどの異常が起こるのです。
さらに、かぶれがひどい場合や、治らない場合は、性病も疑われます。
もし、原因となりそうな性行為などがあるのなら、性病の可能性も考えなければなりません。

デリケートゾーンのかぶれ対策法

こういったデリケートゾーンのかぶれをなくすには、身に着けているものを刺激のない素材のものに変えましょう。
綿の下着や、より摩擦が起きにくい生理用品にする、ムレを逃がす素材を選ぶ、などの工夫をするといいでしょう。
そして、体に疲れがたまっていないか、自分のストレスの感じ方はどうかなど、内面的な要素にも目を向けます。
疲れているときは、ゆったりと入浴したり、睡眠時間を十分にとりましょう。
また、食べるものも野菜などを多くし、雑菌を撃退できる体を作っていきましょう。

入浴時に、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うこともおススメです。
普通のボディソープよりも低刺激のため、沁みることもありません。やさしく洗って、水気を拭き取っておきましょう。
トラブルが起きやすい季節も快適に過ごしたい。
そのためには、かぶれを未然に防ぐことが大切です。

↑ page top