ジャムウって何?

home / ジャムウって何?

ジャムウとは

ジャムウはハーブの葉や根、果実、種などを配合してつくられたハーブ製品のことを言います。
原料がハーブのため、体への負担なく美容や健康にいいとされる有効成分を取り込むことができるのがジャムウのメリットのひとつと言えます。

もちろん、副作用などのリスクもないため、多くの人が利用できます。
ジャムウの効能はさまざまですが、ホルモンバランスのコントロール、血行改善、細胞の活性化などへの効果が特に期待されています。
ジャムウは人間がもともともっている、体の働きを効果的に引き出し、体を正常な状態に整えることができると言われているのです。

ジャムウの歴史

ジャムウの歴史は非常に古く、その起源は1000年以上前だといわれています。
ヒンドゥー教はインドからインドネシアに伝来されましたが、その経緯のなかでジャムウは生まれたと考えられています。
ヒンドゥー教と一緒に、インドネシアには予防医学であるアーユルベーダが伝来しました。
アーユルベーダにはハーブの調合法が含まれており、それをもとにインドネシア産の植物などを用いて、生まれたのがジャムウだと言われています。

その後、ジャムウは改良が繰り返され、独自に発展してきました。
そして、目的や用途に応じたジャムウレシピが数百種類以上誕生したのです。
しかし、調合法や用いられる材料のほとんどは、バリアンという伝統医にのみ代々伝えられてきました。
伝統医の親から子、その孫へと一子相伝のような形でジャムウは伝えられてきたため、その実態は現在でもよくわかっていません。

現代のジャムウ

1000年以上前にインドネシアに伝来して独自の発展を遂げたジャムウは、現代ではインドネシア一帯やバリ、ジャワなどに広がっています。
ジャムウ・ゲドンという自家製ジャムウを売る女性や、製薬会社によってつくられたジャムウなどが増え、多くの人が利用できるようになりました。
治療薬や病気予防、健康増進を目的とした、非常にメジャーなハーブ製品としてジャムウは知られるようになったのです。

↑ page top