気になるデリケートゾーンの色

home / 気になるデリケートゾーンの色

デリケートゾーンの色に関する基礎知識

気になるデリケートゾーンのですが、ほとんどの日本人は黒ずんでいます。
デリケートゾーンの黒ずみはメラニンと呼ばれる色素に左右されますが、このメラニンは人種によって大きく違います。

白人の方はメラニンの活動が低く、反対に黒人の方は高く、それぞれ肌の色に反映されています。
その中間である日本人の肌の多くが、日焼けなどの刺激を受けるとメラニンのはたらきにより赤くなったのち黒くなります。
デリケートゾーンも肌のひとつですので、メラニンの働きにより日本人のデリケートゾーンは黒ずんでしまいがちです。
ほかにも遺伝年齢もデリケートゾーンの色に大きな影響を与えています。

メラニンについて

シミの原因となる印象が強いメラニンですが、実際には肌を保護する役目を持っています。
もしメラニンが活動していなければ、外に出て少し日焼けするだけで水ぶくれができてしまいます。
メラニンは肌を保護しようと活発になり、その結果として肌が黒くなってしまいます。
メラニンによって黒ずんだ肌は時間をかけて元の肌色に戻りますが、ときにはシミソバカスなどの色素沈着により黒ずんだままになります。

新陳代謝が良いかどうか

新陳代謝もデリケートゾーンの色に大きく影響を与えるもののひとつです。
ターンオーバーとも言われており、古い角質がフケやアカとなりはがれ落ち、約28日間で肌が生まれ変わる働きを示します。
新陳代謝は加齢により低下し、それにより本来はがれ落ちるはずの古い角質が黒ずんだまま留まってしまいます。
また、新陳代謝の低下により新しい細胞が作られず、肌荒れや乾燥肌などの原因にもなります。
新陳代謝を整えることで肌細胞が活性化し、デリケートゾーンの色を抑えることができます。

新陳代謝を整えるには

睡眠時間食生活など、生活習慣の見直しが大切です。
各栄養素をバランスよく摂取し、毎日最低でも7時間以上しっかり眠ることで新陳代謝は整います。
バランスの良い食事によって肌細胞の栄養が作られ、睡眠により良くなった血行がその栄養素を肌細胞へ届けるためです。
新陳代謝を整えることで、肌の黒ずみ以外にも肌のくすみや小ジワなども改善できます。

↑ page top