inclear(インクリア)

home / inclear(インクリア)

間違ったケアによるデリケートゾーンの臭い

皮膚を健やかな状態で維持するため、体を元気な状態で保つためには体液や血液の酸性・アルカリ性のバランスを適切に保つ必要があり、これをpHバランスと呼びます。
腟分泌液はpH値が3.8~4.5が適切とされ、常に酸性の状態を維持しています。

なぜ酸性に保たれているかというと、膣の乳酸桿菌という善玉菌がブドウ糖を発酵させて乳酸を生み出すからです。
膣内の酸性が維持されることで、一般細菌が入り込み繁殖するのを防ぐことができるため、膣内を清潔な状態で維持できます。

この仕組みを、膣の自浄作用と言います。
しかし、間違ったケアをつづけると、この自浄作用に狂いが生じてしまいます。
汚れや臭いを気にしてお湯や水で過剰に洗浄しようとすると、体に必要な善玉菌まで洗い流してしまい、それが臭いの原因となってしまいます。
そしてまた臭いを消そうとして過剰な洗浄をする、といったように悪循環に陥ってしまうのです。

inclear(インクリア)をつかったケア

膣の自浄作用を狂わせないように臭い対策をするには、専用の洗浄器をつかうといいでしょう。
inclear(インクリア)は乳酸を含むジェルを膣内に届ける、新しいタイプのケアアイテムです。
乳酸は膣内環境を整えるためには欠かせない物質だと言えます。その乳酸菌を膣内に送り込むことで、有効成分がじんわりと拡散して膣内の環境を整えてくれます。

膣内のケアとしてはビデがよく知られていますが、ビデは常在菌まで洗浄してしまうため、膣内環境に狂いが生じる可能性があります。
inclear(インクリア)であれば、常在菌のバランスを乱すことなく膣内を清潔に保つことができます。

また、小型の使い切りタイプなので、場所や時間を選ばすつかえるのもうれしい点です。
臭いが気になったとき、大切な人と会うときなど、思い立ったときにすばやくつかえるのがinclear(インクリア)のメリットと言えるでしょう。

↑ page top