気になるデリケートゾーンの臭い…その原因

home / 気になるデリケートゾーンの臭い…その原因

女性にとってにおいは天敵

女性の場合、男性と違ってデリケートゾーンのにおいにはとても敏感です。
それは、汗や皮脂の影響だけでなく、月経時のにおいやおりもののトラブルを抱えているためです。
そういったデリケートゾーンのにおいの原因は、多岐に渡っています。まずは、原因を知ることから対策を始めてみましょう。

デリケートゾーンの匂いの原因

ずばり、デリケートゾーンの匂いの原因となるもの。それは、知らず知らずのうちに繁殖してしまった によるものです。
汗や皮脂をエサとし、菌はどんどん繁殖していきます。
このとき、菌は老廃物を体からだすのですが、この老廃物こそがにおいの原因となっているのです。
そして、汗や皮脂だけではなく、月経時の経血やおりもの、尿などの汚れも、菌にとっては豊富な栄養素となってしまいます。

では、汗や皮脂は、デリケートゾーンだけでなく、全身のいたるところから分泌されますが、特にデリケートゾーンのにおいがきつくなってしまうのは、一体どうしてなのでしょうか。
それは、デリケートゾーンにはより多くの汗腺、皮脂腺が分布しているためです。
デリケートゾーンには汗腺の中でもにおいの元を分泌する、アポクリン腺があります。
アポクリン腺は、ワキの下などにあり、より大きく太い汗腺なのです。もうひとつの汗腺、エクリン腺と比べると、アポクリン腺は油分の分泌が盛んであるために、より多くの菌が繁殖してしまうのです。

においの解決方法

そんな、デリケートゾーンのにおいを改善するためには、一番に部位を清潔にすることです。
具体的には、いつも清潔な下着を身に着けることや、丁寧に洗うこと。
かといって、石鹸でむやみにこすったり、一日のうちに何度も洗うのは、皮膚が薄く敏感なデリケートゾーンを荒らす原因になります。

においが解決できても、かゆみや痛みを伴ってしまっては本末転倒です。
正しい洗い方として、をしっかりとたて、指先ではなく手のひらや指全体優しく洗浄すること。
これがポイントとなります。
また、女性の場合は性器周辺に凹凸が多いので、汚れを見落としがち。
洗い残しがないようにするには、シャワーやかけ湯を時間をかけて丁寧に行うといいでしょう。
この時も、熱すぎるお湯は皮膚を荒らしてしまいます。体温程度のぬるま湯で、あくまでも優しく洗うことを心掛けましょう。

最近では、デリケートゾーン専用の石鹸なども販売されるようになりました。
効果的ににおいを取り除きたいなら、専用アイテムの利用もおススメです。

↑ page top