デリケートゾーンの間違ったケアとは?

home / デリケートゾーンの間違ったケアとは?

デリケートゾーンに対する間違い

デリケートゾーンは、汗や皮脂が溜まり臭いが発生しやすく、それによってかゆみかぶれを引き起こすこともあります。
そのため、つい清潔にしなくてはと、洗いすぎてしまったり、何度もトイレでビデを利用したりなど、過剰なケアをしがちです。
しかし、デリケートゾーンはその名の通り、他の体の部位に比べると肌が非常に敏感です。そのため、間違ったケアをしてしまうと、余計に状態が悪化する原因となってしまうのです。

中まで洗うのはストップ

デリケートゾーンのケアをするときにありがちなのが、洗いすぎてしまうこと。
人によっては、月経時の不快感や臭いが気になるからと、膣内までしっかり洗っているという人もいます。
この時、ビデなどの水で軽く流す程度ならいいのですが、ボディソープを使ってしっかりと洗うのはやめておきましょう。
膣には、自浄作用と呼ばれる「自ら清潔に保つはたらき」があります。
乳酸菌などが存在し、バランスを保っているのです。しかし、それを洗い流してしまうと、菌のバランスが崩れ自浄作用がはたらかなくなり、余計に臭いなどの原因を作ってしまうのです。

洗い方はあくまでも優しく

また、デリケートゾーンは洗い方にも注意が必要です。
常にボディタオルなどを使っている人は、他の部位を洗う延長で、デリケートゾーンまで擦ってしまいがち。
少しの刺激が傷になるおそれもあるため、デリケートゾーンに関しては手指やさしく洗うことを心掛けましょう。
手指でも、決して強く擦ってはいけません。豊富なで包み込むように、優しく洗いましょう。

女性の陰部は特に形が複雑なために、優しく洗うだけでは汚れが落ちないのでは?と思うでしょう。
そういった時は、手指で形をなぞるようにして、優しく順番に洗っていきましょう。あくまでも優しくがポイントとなります。
1日1回の入浴時に、丁寧に洗うことができれば、劇的にデリケートゾーンのトラブルを回避することができます。
洗いすぎ、清潔にしすぎに注意して、正しくケアするのが大切です。

↑ page top