デリケートゾーン用石鹸とは?

home / デリケートゾーン用石鹸とは?

普通の石鹸のしくみ

石鹸はいずれも界面活性剤であり、界面活性剤とは水と油のように混ざらないものを混ざり合わせるはたらきのことです。
界面活性剤がはたらいてシャワーのお湯に汚れを取りこんで落とそうとしているため、石鹸を利用することで体の汚れが落ちます。
肌の汚れが落ちても界面活性剤がそのまま肌に残ってしまうと、皮膚に負担をかける結果になります。
アルカリ性の石鹸であればすすぎ洗いによって界面活性剤が消えるため、普通の石鹸のほとんどがアルカリ性でできています。

デリケートゾーン用の石鹸

肌やデリケートゾーンに良いはたらきをもたらすのが、表皮ブドウ球菌と呼ばれる菌の一種です。
菌という言葉を聞くと、つい悪影響を与えるものだと思ってしまいがちですが、表皮ブドウ球菌は空気中にも皮膚の上にも存在している身近な菌です。
表皮ブドウ球菌は肌を弱酸性に保ってくれるうえに、汗を吸収してくれるのでにおいも抑えてくれます。

肌を美しく保つために重要な表皮ブドウ球菌ですが、石鹸の持つアルカリ性によって消えてしまう性質をしています。
そこで使用したいのがデリケートゾーン用の石鹸です。
店頭で購入するのは人目が気になったり、あるいは身近に販売店がないといった場合でも、通販を利用することで手軽に入手できます。

普通の石鹸との違い

デリケートゾーン用石鹸は普通の石鹸に比べ、デリケートゾーンのおもな悩みになりやすい、黒ずみやにおいに効く配合がなされています。
黒ずみをなくすピーリング効果、においを消す消臭効果、そして汚れを防ぐ抗菌効果を持っています。
製品によっては敏感肌の方にも使える低刺激のものや、美容成分が配合されたもの、ハーブ配合の香りの良いものもあります。

普通の石鹸と同じように全身に使用することも可能です。
デリケートゾーン用の石鹸はさまざまなメーカーから販売されていますが、それぞれに特性がありますので、どの石鹸がどのような効果に優れているのか自身の体の状態と照らし合わせたうえで選びます。

↑ page top