デリケートゾーン用石鹸が凄い!

デリケートゾーンには多くの悩みが尽きません。
おりもの生理、または汗などによる臭いやムレが気になったり、そこからかゆみが発生することもあります。
下着の着用による避けられない黒ずみが気になったり、肌質によっては乾燥してカサカサになったりします。

そういった悩みを軽減し、解決してくれるのがデリケートゾーン用の石鹸です。
デリケートゾーン用に研究・配合されているため、さまざまなトラブルを解決してくれます。

気になる臭いをなくす

消臭効果に優れたデリケートゾーン用石鹸ですが、においが発生する原因は雑菌の繁殖にあります。
毎日の入浴でしっかり洗っているはずのデリケートゾーンですが、実際にはたくさんの雑菌がいます。
お湯での洗浄だけでは雑菌が洗い流せないことを知らないままでいると、おりものや尿などをもとに繁殖します。
特におりものは雑菌が好むたんぱく質ですので、イヤなにおいのもとになります。
デリケートゾーン用石鹸を用いて雑菌を洗い流すことで、気になるにおいを消臭できます。

黒ずみを消して自然な肌に

デリケートゾーン用石鹸は黒ずみにも効果があります。
下着などの衣類による摩擦で気づけば黒ずんでいるVラインですが、デリケートゾーン用石鹸でケアを行うことで解消できます。
デリケートゾーン用石鹸を使用する際、細かく立てた泡で気になる黒ずみを洗います。指ではなく、しっかりと立てた泡でやさしくマッサージするように洗うことが重要です。
即効性はありませんが、毎日続けることで数ヶ月後には黒ずみが薄くなり、一年が経つころにはすっかり美しい肌になります。
入浴後、保湿性にすぐれた化粧水をつけるとより効果があります。

デリケートゾーン以外への効果

デリケートゾーン用石鹸だからとデリケートゾーンにばかり使ってしまいがちですが、そのほかの気になる部分にも効果があります。
バストトップの黒ずみや、カミソリをあてることの多いワキにも消臭や美白などの効果を発揮します。
汗をかきやすい時期には全身に使用することでにおいを抑えることが可能です。
使用後は泡をしっかり洗い流すように心がけてください。

↑ page top

デリケートゾーンの臭いにおすすめなのは?

デリケートゾーンに使うアイテム選び

デリケートゾーンの臭い対策には、まずは陰部を清潔に保つことが先決です。
臭いの原因である雑菌を洗い流し、また皮脂や汗を洗い流すことで、雑菌のエサをなくすことができます。
しかし、逆に洗いすぎると陰部の酸性バランスが崩れてしまいます。
するとどうなるかというと、今まで普通に過ごしていても酸のおかげで殺菌できていた菌が、知らずしらずのうちに繁殖し始めます。

こうなってしまうと、膣炎などの痛みやかゆみを伴う病気に発展することも。
臭いだけでなく痒みがひどくなると、かきむしって肌にトラブルを起こし、菌もさらに繁殖しやすい環境になります。
こうした悪循環をなくすためにも、デリケートゾーンに使うアイテムは、慎重に選びましょう。

やさしく洗うなら「ジャムウ石鹸」

そんな中でもおすすめの対策アイテムが、「ジャムウ石鹸」です。
ジャムウ石鹸は、ハーブエキスの力で洗浄するので、肌への負担が少なく、臭いの原因となる雑菌にも強い石鹸です。
その効果の高さから、デリケートゾーンの臭いだけでなく、ワキ、足の匂い対策にも効果的だとされています。
ハーブなのでデリケートゾーンの肌を傷めず、含まれる天然の油分が保護しながら洗浄してくれます。
泡立ちが豊富なため、より臭いが気になる場合は、泡でのパックもおススメです。
3分ほど泡を置いておき、洗い流すだけの簡単パックなので、入浴時に手軽にできるのもいいところ。
ゴシゴシ洗うのではなく、あくまでも優しく洗えるのが、ジャムウ石鹸の特徴です。

スッキリ洗い流すなら「インクリア」

これに加えて、おりもののや月経時の臭いも気になってしまうときは、膣内を直接洗える使い切りビデ、「インクリア」もおススメです。
インクリアは、デリケートゾーンの酸性バランスを整える、乳酸が含まれています。
これにより、洗いすぎや刺激で崩れてしまった酸性バランスを正常にし、気になる臭いを改善してくれます。
洗いすぎが雑菌を増やしてしまうと、膣炎などの病気を引き起こします。膣炎は、おりものが臭うようになったり、生臭いような通常では考えられない臭いに発展することも。

こうした臭いを、膣内から直接軽減させることができるため、インクリアはよりスッキリさせたいときに便利です。

デリケートゾーンの悩みには・・・

  • 一番手軽にケアできるのはジャムウ石鹸
  • ジャムウ石鹸なら臭いだけでなく、黒ずみやかゆみのケアも
  • 膣内を直接洗浄する事ができるインクリアならより確実

↓デリケートゾーンの悩みはジャムウ石鹸で!"

↑ page top

デリケートゾーンケアにジャムウ石鹸が良い理由

ジャムウ石鹸の歴史

デリケートゾーンの匂い対策に、「ジャムウ石鹸」はおススメということですが、これには理由があります。
石鹸ということは、清潔に洗えるからなのでは?と思いますが、実はそれだけではありません。
ジャムウ石鹸には、古い歴史と、臭いへの効果の確かなパワーがあるのです。ジャムウ石鹸は、インドで誕生した石鹸です。
しかも、その歴史はとても古く、実に1000年以上も愛されている石鹸なのです。

昔、人をもてなすために作られた石鹸と言われ、人をもてなすのに臭いがあってはいけない、不潔ではいけない、そういった意味を込めて作られました。
ジャムウという名前も、もてなすという意味の言葉。人に不快感を与えない心遣いが、ジャムウ石鹸にはこめられているのです。

人気の理由とは

ジャムウ石鹸の成分は、天然ハーブ天然の油分
この油分というのは、パーム油などが主流です。ハーブと油分でできたシンプルな石鹸なので、肌に刺激を与えないのが一番の特徴です。
石鹸としてもしっかりと作られているため、溶けにくく持ちが良いのも人気の理由です。
コストパフォーマンスの面でも、多くの支持を得ています。

臭い対策だけじゃないジャムウ石鹸

デリケートゾーンの臭いを優しく洗い流し、雑菌の繁殖も防ぐ働きが、このジャムウ石鹸にはあります。
しかしそれ以外にも、角質を優しく取り除き、黒ずみをなくす効果もあります。
古い角質が溜まったり、かきむしったりなどの刺激が加わると、肌はメラニンを作ってしまいます。
すると、肌はくすんで見えたり、黒ずみとなって色むらができ、シミのように目立ってしまいます。
また、古い角質がたまると、それだけでも痒くなったり、毛穴トラブルをおこします。そして、そのトラブルがまた、臭いを発生させてしまうのです。

ジャムウ石鹸は、角質をほぐして優しくはがし、新しい角質が表面に出てくるのを助けます。
メラニンを含んだ角質が取り除かれると、肌は明るくよみがえります。毛穴の汚れもとれるので、炎症を防ぐ働きもあります。
臭いと黒ずみ、古い角質の悪循環を取り除き、根本から臭いの原因をなくしてくれるジャムウ石鹸。そのやさしさ臭い対策力は、注目度大です。

↑ page top